貧乳の方は姿勢に気を付けてみて!

バストアップ 様々な貧乳の悩みについて

胸が小さいということで悩む女性は沢山いらっしゃいますが、単にカップが小さいという悩みだけでもないようです。

例えば、左右の胸の大きさが非対称のため、バランスを取るのが難しいという悩みです。実は女性の胸の殆どは非対称であるという、エステサロンの調査結果があります。その差が大きい場合、なんとか小さいほうの胸を大きく見せるために苦労している方もいるようです。

これは普段の生活における姿勢が影響している場合も多いようです。家でテレビを見るときに、いつも寝転ぶ方向が同じだったり、猫背気味の場合もこういった影響がでてきますので、気になる方は普段の生活を振り返ってみるのもいいでしょう。

その他に、胸が小さいのに垂れてきた、という悩みもあります。バストサイズは大きくないのに垂れ気味になる原因としては、乳腺の発達が弱い、又は胸筋が非常に弱いということが考えられます。

乳房というものは、乳腺と脂肪で出来ているのですが、乳腺が発達している乳房は、張りがあり垂れにくい特徴があります。これについては、クリームを塗ったり、入念にマッサージを行うことで、ある程度改善が可能です。

また、胸の谷間が全く出来ない、という悩みもよく耳にします。実はある程度バストサイズがあるのに谷間ができない方もいます。これは乳房を支える胸筋が衰えることで起きる、いわば老化現象なのです。

そして、貧乳の悩みと意外なところでリンクしている症状に「冷え性」があります。実は冷え性の方は、貧乳になりやすい傾向にあるのです。

冷え性ということは、当然血行が良くないことになりますので、乳腺の発達を妨げてしまいます。前述のように、乳腺が発達しないと胸に張りがなくなってしまいます。

加えて、寒さを感じると脂肪を蓄積しようとする人間の本能から、乳房でも乳腺よりも脂肪分の割合が多くなってしまい、結果胸が小さくなってしまうのです。自分が冷え性だと思う方は充分注意しましょう。

↑ PAGE TOP